六角テーブル 間(あわい)

 
※上のテーブルの色は特注色です。

六角テーブル 間(あわい)

「笑顔の見えるテーブル」として、介護現場でとても評判のいいテーブルです。 基本の六角形以外にも、スペースにあわせて様々な形状に変形できるのが特徴です。 天板までの高さが65cm(標準)と、やや低めの設計になっています。
低めのイスとテーブルの組み合わせで、食事ケアは確実に変わります。

また、多種多様な形を作り出せるため、幼稚園でお使い頂いたケースもあり、 学校やカフェはもちろん一般の家庭でもお使い頂きたい商品です。
ぜひ、安心の国産家具をお使いください。


※こちらはオリジナルカラーです。

六角形の一辺(90cm)が、一人一人の占有スペースとなりますので、隣の人を気にせず落ちついて食事や作業ができるテーブルです。
隣席とやや斜め位置関係、近すぎず遠すぎない自然な距離感が、和やかな雰囲気をつくり出します。
※一片が80cmとひと回り小さい6角テーブルも作れます。

■材種/カバ練付合板貼フラッシュ構造
■塗装/ポリウレタン着色仕上
■重量/1セット約50kg(25kg×2)
■同サイズ2台で1セット(2枚1組)
※1辺800mmでもお作りいたします。
※高さは650mmを中心に620mm、600mmもご用意できます。寸法指定もできますので、ご相談ください。
※高さには天板の厚み30mmを含みます。

六角手掛けテーブル

六角テーブルに手をかける穴があきました!実用新案として認められたこのテーブルは、 手かけ穴が具体的な目標となり、「立ち上がり~移乗」の動作がスムーズになります。 リハビリに役立つ新発想。
※仕様・寸法は「間(あわい)」と同じです。

 

組み合わせ方、自由自在!

基本の六角形以外にも、目的・用途・人数・位置関係・スペース等、ご都合に合わせて組み合わせ方は自由自在!気分転換や模様替えにも最適です。
※組み合わせ例によっては複数セットが必要です。

 

 

 

 

 

※左の組み合わせ図をクリックすると拡大画像がご覧頂けます。

 

 

COIS のアワイ六角形テーブルは丸型と正方形に対応しています

テーブルはあらゆる状況で非常に重要です。 友人や家族と食事をすることも、同僚や同僚との会議に参加することもできます。 ラウンドテーブルを使用したことがあるかもしれません。 それらは肘と達すること堅い曲げられた端を持ち、おなかに扱いにくい感じる。

また、これらを別の円形テーブルと組み合わせて、より大きな会議に対応することもできません。 これらに気づいたら、おそらく長方形または正方形のテーブルと解決したでしょう。 これらを組み合わせることはできますが、長い長方形または大きな正方形のみが得られます。

 

六角形のツナグコムズアワイテーブルを発表! それはまたちょうど 1 つの六角形のテーブルでないが、実際に 2 つの台形テーブルである ! これは、通常の正方形や円と比べて非常に汎用性の高い形状であるため、お客様に気に入っていただける製品です。 利点は次のとおりです。

Tsunagu Coms ’ Awai Table への思慮深い設計

六角形の両側は 90cm で、 1 人で十分に占有されます。 また、各辺 80cm の小型バージョンもあります。 前述のように、テーブルは台形のペアです。 これはパッケージとして提供されるので、注文ごとに完全なセットを常に入手できます。 この分割により、テーブルを別のスペースや部屋に簡単に移動できます。

テーブルには、移動が容易になる特別な機能もあります。 これらは「六角ハンドル」と呼ばれ、各台形の中心に複数の穴があります。 これらは、科学がグリップの最適な位置であることが証明された方法で調整されています。

六角形のテーブルでは、各人のためのスポットを見つけるのはとても簡単ですが、それらの端には特別な機能もあります。 複数のツナグコムズのアワイテーブルを購入して、とても楽しく実用的な形を作り始めることができます。 大きな円形テーブルが必要な会議室では、 6 つの台形を丸型に積み重ねて、広いエッジを外側に向け、斜めになったサイドを接続エッジとして配置できます。 このようにして、 2 人で十分な大きさの縁を持つ大きな六角テーブルを作成します。

 

実用化

テーブルは食事に使用することができるが、円形のテーブルのための十分なスペースがすべての家にない。 必要に応じて、台形を長いテーブルまたは L 字型のテーブルに変更できます。 企業の会議では、円形の面がほとんど良好ではありません。 2 組の台形を重ねて、プロの感覚をエミュレートする長さと幅のあるテーブルを作成します。

子供と高齢者はこのテーブルを最も楽しんでいる! どちらの人口統計も、パーティーゲームや趣味などのレクリエーション活動に常に興奮しています。 台形と六角形が提供する汎用性により、収集の可能性が広がります。 汎用性は家具の未来である !