7ために開発する必要のある習慣木製家具を

木製家具の世話をするためにあなたが開発する必要がある7つの習慣

すべての財産は世話をする必要があります。ただし、それぞれの世話を変える必要があります。 Tsunagu Comsの製品は、それが私たちの専門であるため、ほとんどが木材です。木製家具の所有者であることがどのようなものかを共有したいと思います。これらはあなたがあなたの木製の家具を清潔でよく維持するために開発する必要がある習慣です。 

  1. 環境に注意を払うこと

木材は要素に対して脆弱です。日光は色を簡単に消すことができ、湿気のある雰囲気はカビや真菌を成長させる可能性があります。また、可燃性があるため、バーベキューグリルから遠ざけてください。これらの問題にもかかわらず、屋外のセットアップでは依然として木材が最も人気のある選択肢です。

  1. 通常のダスティング

ダストは、すべてに層を置くため、何の言い訳もしません。ただし、それらは木材にとって危険な場合があります。ほこりの厚い層は、木の表面を傷つけるのに十分粗い場合があります。スクラブするのが危険な木彫りに引っかかっている人さえいます。蓄積を避ける方が良いでしょう。

  1. 通常のクリーニング

ウッドは難しいかもしれませんが、吸収性があります。それが彼らが湿気に弱い理由です。ただし、毎週洗剤で掃除すれば、清潔で純粋な状態を保つことができます。家具にペンキがない場合は、効力について心配する必要はありません。 

  1. 定期的な拭き取り

濡れさせないでください。冷水滴が表面に汚れ跡を残す可能性があります。削除することはできますが、面倒な作業です。それらを濡らさないようにする方が良いです。たとえば、冷たいグラスの飲み物を提供するには、コースターまたはトレイが付属している必要があります。

  1. ポリッシュ、オイル、コーティングの使用

ドライウッドはあらゆる種類の損傷の危険にさらされているため、多くの人がポリッシュ、オイル、コーティングを使用してそれらを保護します。匂いや感じが気に入らない人もいれば、木の質感の信憑性を好む人もいます。ただし、これらを使用すると、家具の寿命が延び、上記の危険に対する耐性が高まる可能性があります。

  1. 摩耗や定期的なチェック

破損の木製家具の所有者は、木材が他の材料よりも弱いためではなく、損傷についてより慎重になっています。それは単に彼らが家具をきれいに保ちたいからです。スチールの表面では傷やへこみは目立ちませんが、木の美観を損ないます。

  1. 木の匂いを新鮮に保つ

人々が油やニスのようなコーティングを使いたくない理由の1つは、新鮮な木の匂いが好きだからです。家具を保管したり、雨にさらされたりすると、臭いが特定の悪臭に置き換わることがよくあります。これらは、私たちが警告したカビや真菌が原因である可能性があります。 

表面に重曹をふりかけることで香りを取り戻すことができます。引き出しの内側は、定期的に使用してもこの臭いがすることがあります。臭いを吸収できるように、各貯蔵庫内のトレイに石炭を置きます。

7ために開発する必要のある習慣木製家具を

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *